四万十川で生まれのウドの洗顔石鹸

近年では、身近にある天然素材に効能が見いだされ、様々な製品に配合されるようになりました。 その中でも、美容効果があるとして知られていなかったのが「ウド」です。 山菜として知られるウドですが、エキスには除菌、抗酸化活性といった効能が発見され注目されています。 つまり、この効能を洗顔石鹸に使用した場合、パラベンといった合成保存料をしようせず、同等の効果のある天然の保存料として、製品化することが可能なのです。

ウドのエキスに含まれる美容効果として、メラニンの活性を抑える抑制物質が含まれているので、美白効果があります。 この抑制効果と高い殺菌効果で、肌の奥に隠れたメラニン色素にも作用します。 洗顔時に使い続けると、透明感のある白い肌が早く実感できるのです。

また、ウド石鹸の泡は弾力性があり、毛穴の奥まで入り込んで洗浄します。 肌のくすみの原因となる合成化学料が含まれていなので、洗顔後の洗い上がりもみずみずしくふっくらとした肌になります。 自然があふれ、豊かな清流の四万十川で生まれた美容石鹸を、ぜひお試しください。